まさに働き盛り、仕事で飛び回る充実の日々の中、突然のがん宣告

仕事を全部中断し、入院、手術、仕事復帰、転移、抗がん剤治療、再び手術、長い抗がん剤治療の始まり…

7年の闘病の中で、こんな本が読みたかった、でも探しても見つからない

それならば、その時々に必要なもの、現実にわかる今、ライブで書き留めておこう、と闘病中につづった莫大なメモをもとに書き上げた、実体験に基づく実用書です。

 

気が動転する告知から、入院に至るまでの日々にできること

治療中の体の変化のために、自分であらかじめできる準備

抗がん剤治療や通院中の心の変化

 

この本で心掛けたことは、医療関係者ではない私が医療技術に関することは書かない

日進月歩進化するがん治療は、主治医との関係の中できちんと最新情報を得て、治療に立ち向かってもらいたい、だから闘病記のように、つらい治療の日々を克明に描くことで、必要以上に治療を怖がらせ、治療を遠ざけることはしたくないということです。

それよりも前向きに、自分にできる最善のことを選択して、前に進めるように準備をしておくとよいこと、知っておくと役立つことを女性目線で提供できるように心がけました。

 

がん治療は思いのほか長く、根気のいるものです。

その中では、自分自身だけではなく、家族や周りにもいろいろなことが起こります。

そのたびに、自分自身で考え、対処し、考えなくてはならないこともたくさん出てくることでしょう。

それならば、体験者の知恵を拝借して、時間を有効に使い、自分の考えに思いを巡らすために使ってもらいたいのです。

どうぞ、この本をこれからがんや、ほかの病気にに立ち向かう女性に、また、見守る家族や友人に役立ててもらいたいと思います。

 

この本は、読売新聞をはじめ、多くのメディアで取り上げられました。

クレヨンハウス通信で紹介されました
クレヨンハウス通信で紹介されました
共同通信より全国の地方紙に掲載されました
共同通信より全国の地方紙に掲載されました
月刊みとに掲載されました
月刊みとに掲載されました

 

お気軽にお問い合わせ下さい

info8@iridescence.jp